大分車いすマラソン2020の開催、そしてスイスと大分市との友好関係を祝して

discovery
Nov 14, 2020 - Nov 15, 2020 大分市

大分国際車いすマラソンは、1981年に国連で決議された国際障害者年を記念した世界初の車いすだけの国際マラソン大会としてスタートしました。本大会は、国際パラリンピック委員会公認大会となり、国内外から世界のトップアスリートが集まる世界最高峰の大会となっています。スイスの選手も、長きにわたり本大会に参加し、栄光を手にしてきました。例えば、スイスのハインツ・フライ選手は、1999年10月31日に開催された同大会で世界記録を樹立しています。

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年の11月に開催予定であった第40回大分国際車いすマラソンは、来年に延期されました。しかし、開催を希望する多くの声を受け、今年は、国内選手による「大分車いすマラソン2020」として、感染対策を行いながら開催されることとなりました。

2021年に開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、さらに、共生社会ホストタウンイニシアチブの枠組みにおいても、スイスのホストタウンである大分市のこの取り組みを、在日スイス大使館は大変誇らしく思うと共に、今後もサポートを続けてまいります。

昨年の成功に続き、11月14日には、大分市とスイスの友好関係を強化するスイスフェアが開催されます。ステージパフォーマンス、プレゼンテーション、ブース活動を通じて文化交流を促進する本イベントには、佐藤樹一郎大分市長や、マルクス・ロイビ スイス大使館公使も出席。廣道純氏をはじめとする車椅子選手によるトークセッションでは、スイス人選手の強さの理由も語られます。さらに、スイス人選手からのビデオメッセージの紹介やスイスをモチーフにしたバリアフリー・ファッションショー、サイバスロン(*1)の紹介、スイスについてのプレゼンテーションなども行われます。

翌日の11月15日には、大分県の広瀬勝貞知事、佐藤市長の出席の下、大分車いすマラソン2020が開催され、当館のロイビ公使も出席する予定です。

在日スイス大使館は、今後も大分市と連携を深めながら、東京2020に向けた国際交流をさらに促進していきます。

(*1)障がい者と先端技術の開発者が協力して日常生活に必要な動作に挑む国際競技大会を軸にした、チューリヒ生まれの取り組み